あかいし脳神経外科クリニック

あかいし脳神経外科クリニック
【千葉市・花見川区・八千代台
・脳ドック・脳神経外科・MRI】

043-441-4141

 

脳MRI・脳血管MRA 頸部血管MRA 脳ドック各コース 詳しくはコチラ 千葉市医師会

 

※上記QRコードを読み取ると携帯サイトを閲覧することが出来ます。
【当院への患者様のご紹介】
  • 当院へのご紹介には予約は不要でございます。
    貴施設からの診療情報提供書及びその他資料をお持ちの上、
    直接当院へお越し頂けますようご案内申し上げます。
    (診療日・受付時間にご注意下さい。)
  • 当院は建物の構造上、原則起立歩行が可能な患者様のみ対応が可能です。
    座位保持・起立歩行が困難で、
    ストレッチャーを使用しないと対応が難しい患者様の診療はお受けできませんので御了承下さい。
  • 当院は画像システム・カルテとも完全電子化となっております。
    当院で実施いたしました画像検査データは
    DICOM規格に変換の上、閲覧のためのアプリケーションを内蔵したCD-Rに収録してお持ち帰り頂きます。フィルムには対応しておりません。悪しからず御了承下さい。
  • 当院は頭蓋内病変診断のため、MRIを使用いたします。骨折などに対するプレート、歯科インプラント/矯正金具なども含め、体内金属や入れ墨などがある方は原則、「MRI室への入室禁止」です。手術執刀医(施設)からの許可があった場合のみ、実施を考慮いたします。あるいは静止困難な小児や認知症の方などでは検査が実施できない場合があります。また、安全な検査実施のため、スタッフの指示にご協力頂けない場合は検査をお断りする場合がございます。体内金属が入っていなくても、場合によってはメーキャップ、アートメイク、カラーコンタクトレンズ、ヘアスプレー、つけ睫毛などにより画像が歪んで診断が困難な場合がございます。予め御了承下さい。

【一緒に働きませんか】

●時間との戦いなのに、なぜ紹介状?
あかいし脳神経外科は小さいながら、脳神経外科単科の専門施設です。例えば、手術をせずに経過観察をしている未破裂脳動脈瘤の患者様だけでも200名以上いらっしゃいます。検査機器はMRI、脳波計、エコー、心電計、脈波計など、脳卒中や頭部外傷、意識消失発作の診断に必要なものばかり。なんでもかんでも、の施設ではありません。
脳神経外科という科が、発症からすぐに受診を要する時間との戦いである科であるのに、脳神経外科が大病院の中にあって、紹介状がないと直接受診できない場合があります。当院はそうした狭間に落ちてしまっていつの間にか重症化したり、寝たきりになったり、場合によっては命を落としてしまうような患者さんを救うのを使命として自認しています。クリニックでは症例が少なくて勉強にならないのでは…?そんなことはありません。毎日溢れんばかりの新鮮例を次々に拝見して一緒に解決の糸口を探して行きます。


●看護師さん
「脳神経外科ってムズカシイ…」「何となく怖い…」漠然としたそんなイメージをお持ちではありませんか?脳神経外科は脳を担当する「基本診療科」の一つです。診断から治療、場合によっては入院加療から手術、その後のフォローアップまで広い範囲をカバーします。勿論、救急急変には強くなるように、入職してから一緒に勉強したり、訓練したりしますが、脳神経外科だからと言っていつも死と背中合わせ、と言う訳ではありません。当院は入院/手術施設がありませんから、救急の初期対応から、採血、種々の検査、点滴、処置、認知症の高齢者のケア、子供の頭部外傷のケア、脳卒中後遺症に悩みながら一生懸命通院してくる患者さん達のケア…そんな心と体のケアが日常になります。十分なスキルと知識を持ちながら、文字通り自身の手と目で「看護」をしながら優しく患者さんに寄り添って行く…看護師さんでなければアプローチできない脳神経外科の医療があります。

●臨床検査技師さん
臨床検査技師、と言う職種がカバーする仕事は医療施設内にとどまらず、大変広範囲です。でも、せっかく苦労して専門学校や、大学を出て臨床検査技師の資格を取っても、患者さんに触れない仕事に就く…それはそれでもやり甲斐がある仕事があるかも知れませんが、どうでしょう?高い学費を黙って出して下さった御両親の恩に報いるためにも、人様の健康や命に直接触れる仕事に就いてみませんか。しかもMRI件数、脳波件数、頸部エコー件数とも県内トップレベル。十分な症例数で、あっという間に知識とスキルを磨いて頂けるものと思います。
当院は資格を取る前の在学中の学生さん、資格を取ってから大学院に通学中の大学院生の人達のアルバイトも受け入れています。(2017年5月23日現在で臨床検査技師の資格を持ちながら、アルバイトに来られている大学院生は5人です。)より高みを目指して勉強する若い人達を応援しながら、一緒に神経救急を極めて貰いたい。そんな気持ちから御一緒させて頂いています。
経験者の方は勿論のこと、初めての方でも大丈夫、きちんと成人学習法やファシリテーションを勉強したインストラクターが指導しています。


●放射線技師さん
大きな病院で全部の検査を一通り経験してすべてをモノにしたい…。それはそれで一つの正解だと思います。しかし、現在の医学は大変高度に専門分化して、すべての範囲に精通するのは事実上かなり難しいかも知れません。それならそれで、神経放射線学に精通するのはいかがでしょうか?脳神経外科画像検査の専門家として高い知識とスキルを磨いていく。それは脳神経外科の場合、直接救命につながります。当院は他院で診断がつかなくて困って遠くからたどり着いたような患者さんが多く訪れる施設でもあります。そう言う患者さん達の力になって上げられるのは当院の技師さんならではの非常にやり甲斐のあるお仕事だと思っています。また、当院の画像検査装置はすべて診察室のモニタと直結。直接ドクターとその場でディスカッションをしながらリアルタイムで検査を進めて行くことも可能です。特に当院のMRI実施件数(*単位台数あたり年間実施件数)は全国でもトップレベル。市中の脳神経外科診療の実態を全国に伝えるのも当院の大事な使命と自認し、毎年、脳神経外科学会学術総会に発表しています。

●一般事務スタッフ
貴女自身の周りに脳梗塞や脳出血、くも膜下出血の後遺症で、ケアに苦労されている、あるいは認知症の方がいて、サポートするのが大変だった…そんな経験をお持ちの方はいらっしゃいませんか?今現在苦労されている方も多くいらっしゃいます。そんな方々に、必要な情報を提供したり、受診のお手伝いをしたり…有資格者が多い医療機関と言う職場の中で事務というのは資格はいりませんが、実はそうした経験や知識が実際に患者さんやご家族を助けてあげられる職種です。患者さんが医療機関を訪れて、一番最初にお話しするのは、ドクターですか?看護師さんですか?それとも臨床検査技師さんや放射線技師さんですか?…違いますよね。受け付け事務の方です。いわば、その医療機関の「顔」。ここで優しく、丁寧に、経験や知識を活かして、しかもしっかりと対応して貰えれば、患者さんは「助かった〜」と感じるでしょう。逆にここで冷たくあしらわれれば、どんな検査も薬も信用できないでしょう。通院中の患者さんにしてみれば、「今日は調子が悪くって」とか「今日はお薬を」など、受付で知っている顔に気軽に話しかけられる医療機関ほど、安心して通院できるところはないでしょう。当院では、クリニックの顔、と自覚して貰って受け付けスタッフには頑張って貰っています。そればかりか、今日は○×さんの顔色が良くない、とか、歩き方がおかしい、わずか30分ぐらい前からの発症のようだ、など重要な情報をいち早く知らせてくれる重要な「目」の存在です。どうせ事務職をするならやり甲斐のある、唯一無二の存在になれますように。仕事を選べる時代だからこそ、ご自身の努力や個性、能力を輝かせる仕事に。一緒に頑張ってみませんか?

●保険証は?産休は?介護退職後、仕事を探している方や、シングルマザーを応援します。安心の就労サポート体制
シングルマザーの方や介護する方を抱えている方には「保険証がどうなっているか?」は特に気になるところではありませんか?また入職したらブラックで酷い目に遭った…そんな経験があって、なかなか働き出せない…当院では、顧問社労士(社会保険労務士)さんが皆さんの勤務希望条件と、当院の勤務体制を労働基準法にてらし合わせて丁寧にひとりひとり、就労条件契約を締結し、労働契約書を取り交わしています。一週間あたりのトータルの就労時間など、一定の条件が整い、パートさんでもフル勤務の方と同じ健康保険証(社保)を手に入れたスタッフさんもいます。安心して働ける要件が整ってこそ、自分の仕事に対する勉強や研鑽の意欲がわいてくるもの。働く条件は賃金だけではありませんよね。公明正大に、労働基準法に則って、きちんとハローワーク系で公募しています。

朗らかで明るい、クリニック。まずは見学してみませんか。御連絡をお待ちしております。(043-441-4141: 看護師長もしくは主任まで)


 

医療機関の方・医療従事者の方へ

当院の地域活動


【安心して暮らせる地域作り】

日常のほんの小さな徴候を見落とした結果、夜間の重篤な救急につながる可能性があります。私達は、日常の小さな変化を拾い上げる診療こそが救急の基礎の基礎であると考えています。当院に入る救急車よりも、当院で診断がついて、当院から入院施設へ出る救急車の方がずっと多いことが、その現実を物語っています。
ご本人や家族の「気付き」も大切です。まずは受診しないと(あるいは119番通報をしないと)何も始まらないからです。
私達は近隣の施設や地元千葉市消防局や、国内最大級の救命スタッフ組織の一つである北総救命会やかずさ救命会の皆さん達と共に、こうした啓発活動や研修活動にも力を注いでいます。救急の最前線に携わる若いドクターや看護師、救急隊などの次世代の皆さんと、新しいエビデンスと共に次々に更新される救急の知識やスキルを共に高める活動もしています。こうした活動を支えてくれる多くの仲間達や医療機関とのつながりは、患者さん達を救うための大切なツールでもあり、私達の大切な財産でもあります。
なかなか目に見える形にすることは難しいのですが、少しずつ、市民の啓発活動や子供達へのBLS学習活動を展開してフィードバックしています。

【一緒に学び育つ】
こうしたこうしたスタンスを(実は開業前から)貫いています。一緒に学びながら、共に成長して行きませんか。下図は千葉市内のある中学校で年1回、2年生の保健体育の特別授業で実施する学年全体の救命講習の風景です。子供達の目は真剣そのもの、インストラクター達の指導にも熱がこもります。通り一遍の指導ではなく、インストラクター達自身の、手の中で冷たく固くなって行く”助けられなかった症例”の話を聞きながら、子供達は命の大切さ、命を救うことの難しさを学びながら、本当に身になる救命の技術と知識、そして何よりも高い意識を育てて行きます。地元千葉市消防局の全面的なバックアップを受けながら、千葉県内外の仲間達が集まって来てくれてこういう活動を続け、広めています。一緒にKid's BLSをやってみたい、ご自身の学校でBLSをやってみたい、という方のご連絡をお待ちしております。