あかいし脳神経外科クリニック

あかいし脳神経外科クリニック
【千葉市・花見川区・八千代台
・脳ドック・脳神経外科・MRI】

043-441-4141

 

脳MRI・脳血管MRA 頸部血管MRA 脳ドック各コース 詳しくはコチラ 千葉市医師会

 

※上記QRコードを読み取ると携帯サイトを閲覧することが出来ます。

クリニック紹介

あかいし脳神経外科の設備や検査機器の簡単な御紹介ページです。

検査機器は脳神経外科の診断には欠かせないとても大切なツール。当院では、病歴を丁寧に聴取した後、必要な補助検査を実施し、最終的に患者さんを診察して、それらのデータを踏まえて脳神経外科の診断としています。


 
受付
●受付
お持ちになられた診療情報提供書,保険証もしくはマイナンバーカードお薬手帳,血圧手帳などを御用意下さい.日本語と英語に対応しています.(その他の言語の方は医療事故防止のため通訳の方が必要です.)
現在新型コロナウィルス対応のため,大きなフィルムカーテンで仕切られていることをお許し下さい.
お支払いには一部のクレジットカードがご利用可能です.
 
待合室
●待合室
健康や病気の本ばかりではめげてしまいますね.診察や検査までの間.90cm水槽の珊瑚礁の熱帯魚と,趣味の書籍が皆さんのお相手をいたします.スピーカーも高級機に換装しゆったりと音楽をお楽しみ頂けます.のんびり,お過ごし下さい.勿論,病気に関する資料も揃っています.
 
待合室
●待合室
このほど,ウィルスなどの病原菌を撃退するUVC装置を内蔵した強力な空調設備を導入しました.まるで航空機の機内に入ったような,かすかにゴーッと言う音が聞こえます.
 
車イス用リフト
●車イス用リフト
車イスが使えるトイレとMRIは中二階にあります.安全なリフトがあり,車イスの方でも大丈夫です.操作はスタッフにお任せください.
 
●MRI
導入されたばかりのAI搭載型新型オープンMRIは,え?これがホントにMRI?と思うぐらいコンパクトで,圧迫感がありません.今までよりぐっと解像度とスピードが向上.まるで居間のような居心地の良い検査室ですが,この部屋も感染症対策に強力な換気装置を装備しており,安心です.(前の方が退室し,次の方が入室,セッティング,検査が始まる頃にはほとんど検査室の空気が入れ替わるぐらいになっています.)
 
エコー
●エコー
頸部頸動脈のプラークの観察をします.放射線も磁気も使いませんので,妊娠している方でも体内金属が入っている方でも検査が受けられます.(「首が痛い人の検査」ではありません.)
 
血圧脈波検査装置
血圧脈波検査装置: CAVI-ABI
 脳卒中と深い関連のある動脈硬化を測定します.痛みもなく,手軽です.当日枠が開いていれば,同日検査実施可能です.手足のしびれの原因を突き止められることがあります.
 
 
心電図
●心電図
脳神経外科で心電図?は不思議かも知れませんが,50歳〜70歳ぐらいで急増するある種の不整脈は重篤な脳梗塞の原因となります.意識消失発作やめまいの検査にも使います.
脳波計1
脳波計1
デジタル脳波計は,今まで原因不明だった脱力発作や意識消失発作,視界の中の光発作の原因を明らかにできる場合があります.
 
●重心動揺計
重心動揺計はMRIなどでは原因の分からなかっためまいの診断の助けになることがあります.

 

あかいし脳神経外科 トリビア…

ピアノが弾けるたれぱんだの「音楽の話」 Tarepanda als Klavierspieler
 
 前回、みなさんが普段耳にするクラシックについて、大まかにバッハからラヴェルくらいの間の作品ではないかと書きました。そこでここからしばらく、クラシック音楽の歴史に沿ってお話を進めたいと思います。
 クラシック音楽の歴史は、音楽専門大学では西洋音楽史という授業で勉強します。音楽史の本には大雑把に言って古代ギリシアの音楽から第2次世界大戦後の音楽あたりまでが扱われていますが、学問として専門に勉強するのでなければ、音大生といえどもそのすべてを勉強しているわけではありません。筆者の学生時代も、ルネサンス期の音楽だけの授業や、印象派以後(ドビュッシーやラヴェルよりも後の時代)についての授業などもあって、その程度でも大変な思いをしました。
 音楽史の時代区分は、たいていバロック時代、古典派、ロマン派、近代(印象派など)、現代となっていますがここからは順を追って、まずバロック時代のお話から始めます。
 バッハという名前、聞き覚えがありますか?音楽でいうバロック時代は、資料によれば16世紀末から18世紀半ばくらいということになっています。バッハが生まれたのは1685年ですが、バロック時代もほぼ終わりの頃で、まるで時代を集大成するために生まれてきたかのような作曲家です。実際、その作品はそれまでのさまざまな技法が融合したような側面があります。バッハというファミリーネームはドイツ語でBachと表記しますが、これは直訳すると「小川」となります。かのベートーヴェンがバッハの偉大さを喩えて、「小川ではなく大海と呼ばれるべき」と言ったとか。その作品の豊饒さは、まさに「大海」というにふさわしい壮観さです。
 次回からは、このバロック時代を代表する作曲家、J.S.バッハについてお話しようと思います。ちなみに、歴史を振り返ってみると、ある時代の一時期にその時代を代表するような人物がたくさん現れるように見えることがありますが、このバロック時代の終わりころにもJ.S.バッハの他にG.F.ヘンデル、D.スカルラッティらが活躍しています。この3人は生まれた年も同じ1685年です。