あかいし脳神経外科クリニック

あかいし脳神経外科クリニック
【千葉市・花見川区・八千代台
・脳ドック・脳神経外科・MRI】

043-441-4141

 

脳MRI・脳血管MRA 頸部血管MRA 脳ドック各コース 詳しくはコチラ 千葉市医師会

 

※上記QRコードを読み取ると携帯サイトを閲覧することが出来ます。

クリニック紹介

受付
●受付
staffが笑顔で対応いたします。お持ちになられた診療情報提供書、保険証、お薬手帳、血圧手帳などを御用意下さい。日本語と英語に対応しています。
 
待合室
●待合室
健康や病気の本ばかりではめげてしまいますね。診察や検査までの間、熱帯魚と趣味の書籍が皆さんのお相手をいたします。のんびり、お過ごし下さい。勿論、病気に関する資料も揃っています。
 
待合室
●待合室
優しい音楽と柔らかな光が醸し出す空間で、どうぞリラックスしてお過ごし下さい。
 
車イス用リフト
●車イス用リフト
車イスが使えるトイレとMRIは中二階にあります。安全なリフトがあり、車イスの方でも大丈夫です。
 
MRI
●MRI
オープン型のMRIは閉所恐怖症の方でも実施できることがあります。他の施設で検査が出来なかった方も一度ご相談下さい。
 
エコー
●エコー
頸部頸動脈のプラークの観察をします。放射線も磁気も使いませんので、妊娠している方でも体内金属が入っている方でも検査が受けられます。
 
血圧脈波検査装置
血圧脈波検査装置

脳卒中と深い関連のある動脈硬化を測定します。痛みもなく、手軽です。当日枠が開いていれば、同日検査実施可能です。
 
心電図
●心電図

脳神経外科で心電図?は不思議かも知れませんが、ある種の不整脈は脳梗塞や意識消失発作の原因となります。
脳波計1
脳波計1

デジタル脳波計は、今まで原因不明だった脱力発作や意識消失発作の原因を明らかにできる場合があります。
 
脳波計2
●脳波計2

 

第10回開院記念フェスタ たくさんの皆様にご来場頂きましてありがとうございました。

●準備 なぜ脳外科のフェスタにピアノ?
猫に小判、どころの騒ぎじゃないですね。いつものピアノハンズの兼井さんとstaffの方々がこのフェスタの音を作ってくれます。兼井さんと出会っていなかったら、このフェスタ、こんなに続いていなかったかも…。脳外科とグランドピアノ。不思議なシナプスです。
 
●記念公演 作家 九鬼有浩氏
「出版裏話 あれやこれや」
普通、一般の方には見たことも聞いたこともないようなお話しばかり、一つ目の大満足でした。脳ミソと出版裏話…これもなかなかつながりませんが、このシナプスがあかいし脳外科の面白いところです。
 
●特別講演 自動車事故対策機構千葉療護センターセンター長 (千葉県救急医療センター名誉院長) 小林繁樹先生
「ここまで来たぞ!脳卒中治療!」ムズカシイ脳卒中治療の最前線をこれほどまで一般の方々に分かりやすくお話しするのを聞いたことがありません。救急医療センターで長年数え切れないほどの命を救ってきた確かな経験と知識に裏打ちされた余裕綽々の講義、素晴らしい、の一言です。聴衆の皆さんは二つ目の大満足。
 
●ミニコンサート フルート 鈴木和貴氏
一生懸命左脳を使って勉強して頂いたあとは、右脳の洗濯です。脳ミソとフルート…これもなかなかつながりませんが、いやいや、これも繋げちゃいます。うっとり、というところでしょうか。たっぷりα波出しまくって頂きました。曲はヴィヴァルディフルート協奏曲 シャミナード コンチェルティーノ/他
●ミニコンサート ピアノ 京都教育大学教授 小笠原真也先生
すっかりおなじみになった音“学”の講義。普通音大生でなければ聞けないようなお話を聴いてからのピアノ演奏はまた味わい深いものです。右脳、左脳、同時に一気に活性化です。
 
で、やっぱり演奏も圧巻!な訳です。ホール全体が鳴り響きます。これがないとやっぱりフェスタは決まらないです。今年はシューマンの「謝肉祭」でした。
 
いつもよりずっと大きな会場に沢山の皆様をお迎えして開催いたしました。(こんな大それたことはきっと最初で最後でしょう…)
 
☆ありがとうございました
ということで、今年も大勢の皆様にお越し頂いて幸せでした。この10年の皆様のお力添えに深く感謝しながら、これからも精一杯精進して行く所存です。これからもどうぞよろしくお願いいたします。